※完全保存版 ミニマリスト流のワードローブの作り方

  • URLをコピーしました!
みぃ

お気に入りのモノに囲まれたシンプルな暮らしを配信をしています。みぃです(@mii_minimallife

ミニマリスト2年目に突入しました。1年かけてワードローブを見直し、私流のワードローブの作り方をご紹介していきます。

この記事でわかること

  • 30代2児の母、キレイめコーデ好き
  • 年間30着前後で過ごす、ワードローブの作り方
目次

ミニマリストが持たない服

今の自分にとって最適なワードローブを作るために、まず始めたのは「手放す」作業でした。洋服を200着から30着前後まで手放すことに成功した、私なりの手放す基準をまとめました。

手放す基準

  • ライフスタイルに合わない
  • これを着るために新たなアイテムが必要
  • 汚れが気になって着られない
  • 着る機会のない「特別な服}
  • この服を着て人に見られるのは恥ずかしい

ミニマリストのワードローブの作り方

1年かけてワードローブを見直し、ミニマリストのワードローブの作り方をまとめました。洋服を約7割減らす中で、自分が毎日お気に入りの服で過ごすために、どのような服が必要であるか知ることができました。現在約30着の服で過ごしていますが、どれもこだわりを持った今の私に最適な洋服です。

年間30着前後で、お気に入りの服を毎日身につけて過ごすために持っている服のとは

ライフスタイルに合わせる

ワードローブ作りで一番大切にしていることは、ライフスタイルに合っていること

2児の子育てママの私が選ばないモノ

  • ポケットがない
  • 腕まくりがしにくい
  • マキシ丈
  • 家庭で洗濯できない
  • ハイヒール

子どもたちはまだ小さく、下の子は抱っこする機会も多く、走り回ることもあります。ある程度動ける格好でないと、今のライフスタイルには合いません。仕事に制服がある人・ない人、職業によっても必要な服の数も服装もことなります。

みぃ
自分のライフスタイルを知ることが、ワードローブをミニマルにするために一番大切なことだと思います。

いくら素敵な服でも、ときめいた服でも、ライフスタイルに合わなければ着る機会すらありません。みんなにとって「良い服」であっても「私にとって良い服」とは限らないため、服選びにはライフスタイルに合っているか、よく考えるようにしています。

骨格に合う服を選ぶ

骨格ウェーブは下半身に重心がある服装は似合わない

151cmと身長が低く、骨格ウェーブの私。流行りのワイドパンツを取り入れても背の低い私にはとてもアンバランス。ティアードスカートも、下半身にボリューム出過ぎてしまい、これもアンバランスでした。どんなに流行している服を取り入れたくても、下半身の重たさが気になる私には似合わない服装がありました。

私に似合わない服装

  • ワイドパンツ
  • マーメイドスカート
  • ボリュームのあるスカート
  • Vネック

ファッションの専門知識はないので、私なりの考えではありますが、私なりに「似合う服」「似合わない服」があることを実感できるようになりました。

骨格ウェーブに似合う服装

  • ウエストの位置が高いトップス
  • 細身のパンツ
  • アンクル丈のパンツ

私が特に好きな服装はAラインのトップス×テーパードパンツなど、下半身をスッキリ見せて上半身にボリュームがある服装です。ペプラムトップスやティアードトップスが好きで、オールシーズン愛用しています。スカートを履く時はトップスをinしてウエストの位置が高く見えるように意識しています。

みぃ
自分の体型似合う服を知ることで、洋服選びの失敗が少なくなりました。

購入ブランドを決めておく

ブランドを統一すると洋服に統一感が出る

洋服を買う時は、ブランドをいくつかに決めています。同じブランドで買うことで、コーディネートに統一感が持てやすいです。キレイめの服が好きな私が愛用しているブランドを5つ上げました。プチプラなブランドも含めてどれも品質が良く、私的に洋服選びに失敗しにくいブランドです。

愛用しているブランド

  • UNITED ARROWS
  • Ballsey
  • YORI
  • OPAQUE.CLIP
  • UNIQLO

来年も再来年も着られる服を選ぶ

今だけを基準に服を買わず、来年も再来年もその服を着ている自分を想像する

長年愛用していた服でも、購入した時より1歳でも年齢を重ねると似合わない服もあります。トレンドの服はその時は最先端ファッションでも、来年は時代遅れに感じるかもしれない。そういったことも考えて、服を買う時は自分に以下のことを問いかけます。

  • 1年後、1歳年を重ねた自分にも着られるか
  • 今季トレンドの服が来年流行しなくても、堂々と着てでかけられるか

この2つを考えるようになってから可愛すぎるデザインの服、最先端のトレンドの服をあまり持たなくなりました。1年後も2年後も、その服を着ている自分を想像して買う。今だけでなく、先のことも踏まえて服を買うようにしています。

高くても安くても同じように大切にする

高くて着られない服も、安いから汚しても良い服も持たない

値段に囚われず、どんな服でも大切に扱うようにしています。

年間30着前後をキープする

毎シーズン「今の自分に適している服」を見直し、必要があれば買い替える

浪費家だった頃の私は服を買い足すことばかりで、気づけば200着もの服を溜め込んでいました。今の自分に適しているのは年間30着前後の洋服。適正量を超えて管理できない程の洋服を増やさないように、洋服を買い足すのはやめて、買い替えをするようにしました。

ミニマリストになった今も洋服が大好きです。洋服は毎シーズン見直しますし、毎シーズン新しい服を購入することも多いです。私が洋服を買い替える理由は2つあります。

  • 少ない服で着回すため、服の劣化が早い
  • いつも着ていた服が「似合わない」と思うことがある

洋服の劣化は、浪費家時代よりも早くなりました。1着の服を着る機会が増えたからです。200着も服があったころは月に一回着ていた服も、30着の服で着回す今は週に1〜2回と着用頻度が高くなりました。そのため劣化しやすくなり、毛玉や汚れがひどく、「十分に着た」と感じた服は買い替えます。

また、いつも愛用していた服も、去年着ていた服も、「今の自分に似合わなくなった」と気づくこともあります。そういったときも洋服を買い替えるきっかけになります。

おわりに

ミニマリストになってからも、洋服が大好きです。バッグも好きですが靴やアクセサリーにはそれほど興味なし。インテリアも興味ないですし、食も強いこだわりもありません。衣食住において「衣」が一番好きで、それ以外の「食」「住」に対しては至ってシンプルでミニマルな暮らしを行っています。

みぃ
洋服が大好きだからこそ、こだわりを持って洋服を楽しみたい。
ミニマリストになって毎日お気に入りの服を身につけて気持ちよく過ごせるための、私だけのワードローブ作りができるようになりました。今の自分にとって「最適」なワードローブ作りを、今度も続けていきたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代|2児の兄妹ママ
お気に入りのモノに囲まれたシンプルライフ
すっきりした暮らしのヒントを発信

コメント

コメントする

目次