家計管理が苦手な人必見、元浪費家主婦が実践した家計管理のミニマル化5つ

  • URLをコピーしました!
みぃ

お気に入りのモノに囲まれたシンプルな暮らしを配信をしています。みぃです(@mii_minimallife

浪費家時代の私は、家計管理がとても苦手でした。節約を意識してみるものの思うように成果がでない…ミニマリストになってから「家計管理のミニマル化」を行うと、今まで成果のでなかった節約にも変化が現れました

みぃ
物価の高騰化が止まらない中でも、支出が増えなくなりました。

この記事でわかること

  • 元浪費家主婦、家計管理が苦手で赤字続きだった理由
  • 家計管理も「ミニマル」にして、ラクに家計管理する方法5選
  • 家計管理に利用している便利グッズ

家族構成と住まい

  • 夫、私、未就学児2人の4人暮らし
  • 築6年の建売住宅、約30坪のコンパクトハウス
  • 夫婦共働き(妻 パートタイム勤務)
目次

浪費家時代の家計事情

節約ゼロの新婚時代

結婚して8年目になりますが、子どもが生まれるまでの約2年間は節約意識ゼロ。夫婦共同財布で、結婚当初から家計管理を行っていた我が家は赤字続きのこともありました。

結婚当初の暮らし

  • 休日は1日2〜3食外食(モーニングから始まることも…)
  • 2ヶ月に1回の旅行
  • 夫婦2人で食費7万円(外食抜き)
  • マツエクや痩身エステなど高額な美容代
みぃ
貯金しよう、と思うこともなく、あるお金は全部使っていました。

給料の半分以上をクレジットカードの支払いに当てて、赤字が出る月もありました。

マイホーム購入→妊娠→退職

結婚から2年後、その年はとても大きな変化がありました。

マイホーム購入と同時に妊娠発覚、仕事を退職する

マイホームは当時の勤め先から1時間程離れた場所で購入しました。マイホーム購入から1ヶ月後に妊娠発覚、つわりがひどく1時間の通勤はとても困難。いずれ転居先で再就職するつもりたった為、数カ月後に退職することになりました。

みぃ
家計管理を本気で頑張りたい!と思ったのもこの時期からでした。

複雑すぎる家計管理

いざ家計管理を頑張ろう!と思ってもそう簡単にはいきませんでした。独身時代の名残で、さまざまな引き落としが夫と私の個々に引き落とされ、給料の度にお金を動かす作業が多数ありました。クレジットカードも複数枚あり、家計管理はごちゃごちゃ。複雑すぎる家計管理はミニマリストになると決めるまで、数年間続きました。

家計管理をミニマル化する方法5つ

複雑な家計管理に、物価の高騰、節約をいくら頑張っても貯金が増えない日々が続きました。そんな家計を見直すきっかけになったのも、ミニマリストになると決めたことでした。家計管理が苦手な主婦がした、家計管理をミニマル化する方法を5つ紹介していきます。

みぃ
少し面倒な事務作業がありますが、一度頑張ればその後の家計管理がずっとラクになります。

口座引き落としのミニマル化

引き落とし口座をミニマル化して、ATMに行く回数を減らす

メインとして利用しているのは、夫の給料が入金される口座です。以前は私の口座から引き落としされるものもありましたが、ここからすべての引き落としがされるようにしました。

引き落とし項目自体も減らす

クレジットカードでも払えるもの(電気・水道代、生命保険、自動車保険、携帯代など)はすべてカード払いにしました。ひとつひとつが口座引き落としになるよりも、クレジットカードの明細一つで管理できたほうがずっとラクになりました。

給料は自動で口座振り分け

住宅ローンは別の口座をもっています。何十年も続くもののため、家計管理とは分けて管理したいからでした。夫の給料の振込は、金額を指定して口座を分けることが可能です。ローン以外の給料が、メインに使う口座に振り込まれます。

みぃ
会社の方で給料を振り分けて入金可能な場合は、利用すると便利かと思います。

私クレジットカードをすべて解約

以前の私はクレジットカードを5枚所有していました。

みぃ
カードでの支払いがお得ですよ、と言われると迷わず作成していました。
私の銀行口座からの引き落としをゼロにするため、すべてのカードを解約。携帯代などクレジットカードから引き落としたいものや、通販での買い物に必要だったため、夫の持っているカードの中から1枚家族カードを作成しています。

家計管理に利用しているクレジットカード会社は2社

楽天と、よく行くスーパーでの割引に利用するカードの2社です。これでクレジットカードの引き落としは2つになりました。

クレジットカード払いを減らす

浪費家時代はネット通販での購入も多く、翌月・翌々月に想像以上の大金のカード払いの請求が、やってくることが多々有りました。

クレジットカード払い→デビットカードやコード決済払いにする

後払いからその場ですぐ引き落とされる方法に変更しました。レシートを紛失してもアプリ上で利用詳細がすぐに分かるのも便利。使った分の現金がすぐに減るため、翌月・翌々月のカード明細が届いても高額な請求はなくなりました。

みぃ
カードでの支払いは、ガソリンの給油に利用するのがほとんどです。
日常の買い物ではデビットカード払いが多いです。

現金は1箇所にまとめる

現金は6つの項目に分けて管理をしています。一つは現金、もう一つは通帳を管理しています。

  • 生活費
  • 特別費
  • 美容院代
  • ママのお小遣い
  • 息子

以前は無印良品のパスポートケースで管理していました。リフィルケースにはお札を10枚以上入れるとチャックが閉まりにくい、小銭もいれるためパスポートケースがパンパンでチャックが閉めづらい、など自分の必要としているモノが入らず不便さを感じていました。1項目事に封筒に入れて保管していた時期もありましたが、残金がいくらあるのか把握しにくく、ケースが6枚もあるので場所を取ったり、不便さを感じていました。

新たに購入したものが、こちらのマルチケース。

通帳・年金・母子手帳・お薬手帳が入るポケット8箇所カード8箇所に収納可。

私はこちらに現金を収納しています。お金の出し入れもしやすく、6項目のお金がひとつで管理できるようになりました。通帳も同じもので管理しています。お札も入るためATMでの操作がスムーズになりました。

みぃ
現金も通帳もひとつにまとめた方が管理がラクになりました。

お金を使ったら家計簿アプリで即記録

結婚当初は家計簿手帳を購入していました。その後は自分で家計簿を作成してみましたが、記入漏れがあると修正が大変。現在は家計簿アプリで管理を行っています。いろいろなアプリがありますが、私は家計簿マネーフォワードを使用しています。

家計簿をアプリで管理するメリット

  • スマホがあればどこでも入力可能
  • 修正が簡単
  • 表などでわかりやすく家計簿が管理されている
  • 連携可能であれば、夫婦で家計状況を管理できる
みぃ
買い物したらすぐにアプリに入力、レシートを貯めることもありません。

家計簿をつけるときのポイント

  • 項目を細かくわけすぎない
  • 残金と数値が若干あわなくてもきにしない(数千円程度なら気に留めないようにしています)
  • お金を使ったらすぐにアプリに入力、を徹底する

まとめ

家計管理が苦手な原因は、複雑な管理方法が原因

家計管理が苦手だった頃、思い返すとなにもかもが複雑で、面倒な作業が多くありました。ひとつひとつをミニマルにしていけば管理ラクになります。また家計管理をミニマルにする最大のメリットは、家計管理をミニマルにするだけで節約できることです。物価の高騰化が止まらず、大幅な支出は減りませんでした。しかしこの物価高騰化が続く中で支出が増えないのは、節約できている成果であると思います。

みぃ
節約してもなかなか成果が出ない人、家計のミニマル化をはじめてみませんか?
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代|2児の兄妹ママ
お気に入りのモノに囲まれたシンプルライフ
すっきりした暮らしのヒントを発信

コメント

コメントする

目次