ミニマリスト厳選、愛され続ける靴を買った理由

  • URLをコピーしました!
みぃ

お気に入りのモノに囲まれたシンプルな暮らしを配信をしています。みぃです(@mii_minimallife

自分への誕生日プレゼントに、念願だったレペットのバレエシューズを購入しました。

この記事でわかるコト

  • レペットのバレエシューズとは
  • 誕生日プレゼントにレペットのシューズを選んだ理由
  • 愛用し続けるためのコツ
目次

レペットのバレエシューズとは

レペットとは

1947年、ローズ レペットがダンスシューズをデザインしたことから始まったフランスのダンスブランド。

履き心地ちの良さから、バレリーナや名女優たちに愛され続けたレペットのシューズ。時代も年齢も問わず愛され続けるシューズは、誰もが一度は手に取ってみたいと願うアイテム。

愛され続ける「サンドリオン」

レペットを代表する大人気アイテム、サンドリオン

みぃ
サンドリオンとは、フランス語で「シンデレラ」を意味する言葉です。

1956年女優ブリッジット・バルドーが、ローズ・レペットに「ダンスシューズと同じくらい履き心地がよくフェミニンでセクシーなタウン用バレリーナシューズ」をオーダーし誕生したのがサンドリオン。バルドーが映画「素直な悪女」で着用し、不朽の名声を獲得しました。それ以来“サンドリオン”はレペットの伝説のモデルとなりました。

サンドリオンが「べべ」の愛称で呼ばれる理由

女優ブリジット・バルドーの頭文字、「BB」をとり、「べべ」という愛称で呼ばれるようになりました

伝統的な製法

サンドリオンをはじめとするフラットシューズは仏ドルトーニュ地方サンメダール・デクシドゥイユの工場で、“スティッチ & リターン”テクニックを用いて作られています。一足一足に快適さと品質を保証するため、製造の全工程を通して数多くの品質管理を実施しているそうです。

みぃ
快適さが保証されているからこそ、レペットが愛され続けていると感じました。

ミニマリストが選ぶ自分への誕生日プレゼント

靴を選んだ理由

素敵な靴は素敵な場所へ連れて行ってくれる

フランスで昔から言い伝わる言葉です。日本でも「身だしなみは足元から」と言われたり、イタリアでは「その人がはいている靴は、その人の人格そのものである」ということわざもあります。

みぃ
服装やお化粧だけでなく、足元にまで細やかな心配りができる女性でいたい。
そんな思いから、誕生日プレゼントを選びました。

サンドリオン|パテントレザー

誕生日プレゼントにはどんな服装にもマッチする、サンドリオンを購入。レペットを代表する靴で、つま先が丸いラウンドトゥのフラットシューズ。レペットにはさまざまな種類の素材が用いられていますが、今回はエナメル素材を用いたこちらのタイプを購入。カジュアルにもフォーマルにも使える、Noir(ブラック)を購入しました。

みぃ
小さめの作りの為、普段23.5cmの靴を履いていますが37サイズのものを購入しました。

普段の靴より0.5〜1cmサイズアップして買うことがオススメです。

履き心地ちの良さ

似合う・似合わないより心地良いかどうかが大切

年齢を重ねるのが楽しみにある フランス流のもの選び|Katie

今回靴選びでは、履き心地ちの良さを重視して選びました。とても柔らかく履きなじみのいい仕上がりが特徴のサンドリオン。ヒールは高さ1cm。フラットよりも若干のヒールがある方が、安定してあるきやすくなると言われています。

みぃ
初めて履いた時、足全体を包み込む履き心地ちの良さにとても感動しました。。

大切な靴のお手入れ方

大切な靴を長く愛用するために欠かせない、シューケアグッズ

これまで「靴は消耗品」「汚れたら捨てる」モノだと思い、扱ってきました。靴のお手入れといってもスニーカーを時々洗うくらい。

みぃ
レペットの靴は大切にお手入れを続ければ、10年以上履くことも可能だそうです。
大切なモノは大切にたくさん扱うことで、モノ本来の役割が果たせると考えています。お手入れをしながらできるだけ長い期間、愛用していきたいです。

おわりに

良いものこそ、たくさん使って、自分にできるケアをしながら愛情を注ぐと、長く愛用できる

年齢を重ねるのが楽しみにある フランス流のもの選び|Katie

これまで靴は消耗品で、汚れたら捨てるモノだという概念を変えてくれたのが、Katieさんの本でした。

靴にまつわることわざは、世界中にたくさん存在しています。足元まで気を配ることは身なりをよくするだけでなく、自分らしさや生き方にも繋がると考えられているからだと思います。その気持ちを大切に、レペットのシューズをたくさん活用していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代|2児の兄妹ママ
お気に入りのモノに囲まれたシンプルライフ
すっきりした暮らしのヒントを発信

コメント

コメントする

目次